住宅の設備をオール電化にしてみたい

電力自由化などで、電気にたいして個人でも関心を寄せることも増えてきました。

また、テレビなどのCMでも、オール電化が積極的にもPRされています。オール電化のメリットを知り、利用できればさらに光熱費などの費用を抑えて、生活をより良くすることもできるかもしません。

オール電化では次のようなことが便利になる

オール電化と聞いても、住宅の設備がどうなるのか、メリットはお金のことだけなのかなどわからない人も多いです。若い世代の家族だけでなく、高齢の方のお家でも取り入れてみると、メリットは受けられるでしょう。

オール電化では次のように住宅の設備が変わります。

まずは、エコキュートとなります。これはお湯を沸かすのにガスを使わずに電気を使います。それも特に安くなる深夜電力を使ってお湯にしてためておきます。それを昼間に使うというものです。

そして、キッチンではガスを使わずに電気を使ったIHクッキングヒーターを使うこととなります。これに変更した場合、調理器具も必要に応じて、鍋やフライパンも専門のものに変更することもあります。

あと、暖房に関しても床暖房に変えることができます。普通の住宅であればエアコンやこたつやストーブを使っているでしょう。オール電化にした場合、そのままでもいいのですが、電気代を抑えることを考えると、せっかくですので床暖房にした方がのちのちお得と言えそうです。

また床暖房に変更しなくても、オール電化にしたタイミングで、電気暖房機にした方がよい感じがします。

オール電化にするメリットを見ておこう

オール電化の設備をすことで、いろいろなメリットがあります。

まずは、ガスを使わなくなり、ガス代がかかりません。またガス代の代わりに電気代となるので、支払いが一本化されます。さらにその電気も太陽光発電と連携することもすれば、より経済的なメリットを受けれるでしょう。

また、ガスやガスコンロを使わなくなるので火事の心配や二酸化炭素中毒といった心配もありません。
特に小さなお子さんがいると、キッチンでイタズラをしてしまうといったことも気になりますが、その心配をしなくてよくなります。
オール電化もまだまだ初期投資はかかると言われていますが、住宅の設備を見直すときには、長いめで見ればぜひ、検討する価値はあります。