高齢者のいる住宅の設備ではバリアフリーが必要

昔だと、結婚しても親と同居する、祖父祖母と同居することも珍しくなく、親の世話も結構付きっきりでしていたと言う家族も多かったです。

しかし、状況が変わってきて、それができなくなっています。そのためバリアフリーが必要となってくるです。

バリアフリーとは誰のためにするものなのか

バリアフリーとは、障害を取り除くと言う意味となります。これは、健常者や50代や60代の世代までであれば、それほど気にならない建物内の段差や広さや使い勝手も、高齢者や障害のある人だと気になったり、利用に不便ということがあります。

そこで、そうした人たちも安心して生活費できるように住宅の設備を改修することが、バリアフリーなのです。

バリアフリーとしてこういったことができる

バリアフリーとして、住宅の設備を次のようにしてみましょう。

まずは、玄関で段差がある場合、 段差を低くするかスロープにするかがあります。そして玄関のドアも開けやすくするために、引き戸にするのも効果的です。なお、玄関だけでなく室内のドアを引き戸にするのもよいでしょう。

そして、建物内での階段も1段当たりの高さを低くしたり、また手すりをつけるようにしましょう。なお滑り止めを敷くなども時には必要です。

また、玄関はもちろん廊下も広くすることも必要です。高齢者になり、移動では車イスが必要と言うことも珍しくはありません。車イスが通れる分の幅の広さは欲しいものです。

そして、介護が発生したときに大変となるのがトイレやお風呂です。なかなか独りで入るのが出来なくなることも多いです。
また、独りで入っていて転倒などのリスクも高まります。

トイレについては、手すりをつける、滑り止めのマットを敷きましょう。衛生面を考慮して洗浄便座もつけるのもいいでしょう。
風呂場についても手すりや滑り止めのマットを敷く、また段差があるときにはすのこを敷くようにしましょう。

バリアフリーは利用者の目線で考える

ここに挙げたやり方が一般的なバリアフリーの方法です。
しかし、住んでいる人や利用者の目線に立てばいろいろと出てきたりします。

また、リフォームの時にはバリアフリーも考慮すると一石二鳥です。
ぜひ、住んでいる人や利用者の目線に立って、住宅の設備の改修も考えてみましょう。